理事長・学長ごあいさつ

理事長・学長ごあいさつ

学校法人ノートルダム女学院 理事長 和田 環

あなたが変わることで、 世界を変えていけるのです。

このメッセージは、創立者であるマザーテレジア・ゲルハルディンガーの言葉です。
彼女は、母として命を育む者となる女子の教育を通して、世界を変えうると考えていました。その精神を受け継ぐ京都ノートルダム女子大学は、聖母マリアに倣う生き方を学ぶことにより、自律した女性として、しっかりした人生観を培うための人格教育をおこなっています。どの専門分野を選ぶとしても、グローバルに活躍することを視野に入れ、幅広い教養とともに、言語学習、海外研修、留学の機会なども豊富に提供しています。
この大学で知性を磨き、品格ある女性に成長してください。そして人々のために何ができるかを考え、行動する体験を重ねてください。
あなたはここで学ぶことにより、感性豊かな女性として、今日の分裂した世界の癒しに貢献する力を身につけていくでしょう。

  • ノートルダム女学院

学校法人ノートルダム女学院 学長 眞田 雅子

京都ノートルダム女子大学は、
生涯の道しるべを身につける学びの場です。

本学には、豊かなリベラルアーツ教育を通して、身についてゆくものがあります。 それが、本学の建学の精神です。キリストの母、マリアを表す「ノートルダム」を校名にいただく私たちは、聖母マリアに倣って人としての成長を目指すことを、2008年以来、わかりやすい行動で示しています。それは、「尊ぶ」「対話する」「共感する」「行動する」の四つです。「尊ぶ」とは、人と自分、物と自然の全てに敬意をもって向き合うことです。「対話する」とは、心をこめて聴き、かかわりから学び、真理を探究することです。「共感する」とは、心を開き、人や時代の要請に敏感な感性を持つこと、そして、「行動する」とは、決断 し、責任を持って人々の幸せと世界平和のために行動することです。

これらが統合された行動は、生涯をかけて身につけてゆくものです。これで完成と言えるときは一生現れることのない、深い精神的な営みの連続です。この学びこそ、真に大学教育で提供されるべきものと確信しております。

  • 学長サイト

ページトップ